【レポート】Bach in the Subways2021 大阪「摂津響Saal」Vol.6 3/20 (Sat) 14:00

【レポート】Bach in the Subways2021 大阪「摂津響Saal」Vol.6   3/20 (Sat) 14:00
演奏:山本昌代(ソプラノ)後久義昭(テノール)川瀬千佳江(フルート)山口美樹子(ピアノ)

春分の日のコンサート、久しぶりに生演奏の公演が摂津響Saalにて催されました。感染防止対策のため入口扉や窓の開け閉めを行ったため、響きのコントロールは演奏者にとってかなり難しいものとなりましたが、お客様からは熱い拍手をいただき、音楽を通しての心の繋がりを強く感じました。ご参加いただいた演奏者様とお客様、お手伝いくださった方々に感謝申し上げます。

プログラム:・ポロネーズ「管弦楽組曲第2番」BWV 1067より ・フルートソナタ変ホ長調BWV 1031 ・Jesus Christus, Gottes Sohn「カンタータ第4番」BWV 4よりアリア・Frohe Hirten,eilt,ach eilt「クリスマス・オラトリオ」BWV 248よりアリア・Benedictus「ミサ曲」BWV 232よりアリア ・Mein gläubiges Herze「カンタータ」BWV68よりアリア・Schafe Können sicher weiden「カンタータ」BWV208よりアリア・Aus Liebe「マタイ受難曲」BWV244よりアリア・So feiern wir das hohe Fest「カンタータ4番」BWV4より・Domine Deus「ミサ曲ロ短調」BWV232より

#bachinthesubways2021 #JapanLovesBach

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です