2021.3.21(日)13:30 「 静岡バッハハウス」バッハ・イン・ザ・サブウェイズ2021

2021.3.21(日)13:30 「 静岡バッハハウス」バッハ・イン・ザ・サブウェイズ2021 #bachinthesubways2021
【演奏:深谷明弘(マンドリン)松本有三(バス)平野潤(チェンバロ)綱川泰典(フルート)窪田由佳子(ピアノ) ※無観客開催、後日動画配信

【バッハ・イン・ザ・サブウェイズ2021】 3月15日(月)~21日(日)の7日間 あなたの街で バッハの音楽が聴けます。【入場無料】
世界中で音楽の父バッハの生誕日を祝うムーブメント。世界40カ国150都市以上が参画する。日本は2015から参画。2010年3月21日、ニューヨークの地下鉄の駅で一人のチェリストがバッハの無伴奏チェロ組曲を弾いた。彼はチップを受け取らなかった。かわりにポストカードを手渡した。このムーブメントは CNNテレビにとりあげられました。創始者デール・ヘンダーソン。彼は、音楽を聴きに行く人が減っている事に警鐘を鳴らす。プロ・アマ関係なく参画し生の演奏のよる感動やパッションを訴える。ボランティア有志で行われるこの活動へ ご賛同いただける方を募集 ご協力をお願い申し上げます。(賛同者には 掲載WEBやチラシ等にお名前を掲載させていただけます)※このイヴェントでは、メディアをアップロードし共有します。

【重要】お知らせ:新型コロナウィルス感染拡大防止への対応とお願い
ソーシャル・ディスタンスを保ち、無観客開催といたします。後日動画配信を行います。
「マスク着用・手指消毒・体調のすぐれない方のお控え」など、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

D:2021年3月21日(日)13時30分 開演 (16時 終了予定)「 静岡バッハハウス」
静岡市葵区油山2309 新東名新静岡ICから車で10分、静岡駅から車で30分 JR静岡駅より路線バス「しずてつジャストライン安倍線」(静岡駅北口バスのりば9番、系統番号111~119)で35分、油山下車後約2キロ。油山温泉「油山苑」となり。
演奏:綱川泰典(フルート)窪田由佳子(ピアノ)松本有三(バス)平野潤(ピアノ)深谷明弘(マンドリン)

問:静岡県クラシックギター愛好会 fumiro@eos.ocn.ne.jp  080-4302-2363

プログラム:

綱川泰典 フルート 無伴奏フルートのためのパルティータ

窪田由佳子 ピアノ パルティータ第4番

松本有三 バス(平野潤 ピアノ)マタイ受難曲より 1.主は父なる神の前にひれ伏し 2.私は喜んで従おう 3.私のイエスを返せ 4.まことに私たちの中の血肉は 5.来たれ、甘き十字架

平野潤 ピアノ インヴェンション第14番  (BWV785)第13番(BWV784) 第2番(BWV773) 第15番(BWV786)
“Ich ruf’ zu Dir, Herr Jesus Christ” (われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ) BWV639 (Wilhelm Kempff)
“Befiehl du deinWege (Herzlich tut michverlangen)(われ心よりこがれ望む) BWV727 (Wilhelm Kempff)

深谷明弘 マンドリン 未定

Bits2021共通チラシ最終E

プロフィール:

松本有三 バス 定年退職後、主にバッハの合唱にはまり自宅で仲間とともに「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」「ロ短調ミサ曲」「モテット」「クリスマスオラトリオ」などを楽しんでいる。

平野潤 ピアノ 静岡市生まれ。川口雅功氏、ヤン・ホラーク氏に師事。声楽の伴奏について今関由紀子氏、室内楽について外山滋氏の薫陶を受ける。2000~2006年には、ウィーンフィル第1ヴァイオリン奏者ヘルムート・プッフラー教授の静岡市内で開かれたレクチャー・コンサート等で、伴奏を務めた。現在、静岡室内楽協会(会長キリティ宏美)に所属。アマチュアピアニストとして室内楽を中心に音楽活動を行う他蓄音器によるSPレコード鑑賞会などを開催している。

深谷明弘 マンドリン 静岡大学マンドリンクラブでマンドリンを始める。日本マンドリン独奏コンクール(1998年)1位なしの4位。静岡音楽館AOI企画募集事業に2年連続選出。リサイタル等多数。ドイツ、ロシア、スリランカ等海外でも演奏。マンドリンを川口雅行氏に師事。

 

グローバルサイト(米国)【日本語】https://bachinthesubways.org/?lang=ja
フェイスブック【英語】https://www.facebook.com/BachInTheSubways/
ツィッター【英語】https://twitter.com/bachinthesubway ハッシュタグ
インスタグラム【英語】https://www.instagram.com/bachinthesubways/
創始者 チェリスト デール・ヘンダーソン【英語】https://dalehendersonmusic.com/

バッハ・イン・ザ・サブウェイズジャパンフェイスブック【日本語】https://www.facebook.com/BachInTheSubwaysJapan/
ツィッター【日本語】https://twitter.com/bachsubwaysjp
実行委員(オーガナイザー)  http://www.nishikunn.net/nishikunn_wp/
実行委員会 http://www.tone-cove.org/

バッハ愛好家・研究の和田信一郎氏が ドイツ・アイゼナハにあるバッハ生家をモチーフに設計、個人所有のホールで1994年に完成。現在は、静岡クラシックギター愛好会の杉山氏が管理されている。外観 ステンドグラスが印象的。小川が流れている。自然の中にあり、夏は涼しく秋は紅葉で観光地。源泉が湧き出る。この地は、雪が降ることはめったになくあたたかい陽光が差し込む。木のぬくもりのあるホールに パイプオルガン、二段チェンバロ、ベーゼンドルファーコンサートグランドピアノを備える。
教会のような吹き抜けに 柔らかく響き渡る理想的な音響。会合や、時々コンサートが行われている。新バッハ全集など 貴重な資料を拝見させていただいた。

1 comment for “2021.3.21(日)13:30 「 静岡バッハハウス」バッハ・イン・ザ・サブウェイズ2021

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です